2011年10月25日

SSDを Crucial M4 128GB へ換装(OCZ Solid3からの交換)

PC新調時に購入したOCZ Solid3 60GBのベンチをとってみると驚愕の結果が!
パッケージには読込500MB/s 書込450MB/s なんて数字が並んでいるが、実際のベンチマーク結果がこれ。

OCZ Solid3 60GBのベンチ

カタログスペックがでたらめなのにも程がある!

まさかと思い0FILの結果がこれ。

なるほど、これだと確かにスペック通りだが、0FILなんて意味がなく、上のランダムでの結果が本当の実力ということ。

がっかりさせやがる!

よし、ここはもっと速いSSDにして、Solid3はPS3に使おう、と思い立ち、評判のいいCrucial M4 128GBを買ってきた。

Crucial M4 128GBのベンチ

OCZ Solid3とは比較にならないほど高速。ランダムも0FILも変わらない速度だった。すばらしい。

後でIntelのAHCIドライバに入れ替えたところ、さらに高速に。

Crucial M4 128GB + Intel AHCIドライバ10.6.0.1002

すばらしい!

ちなみにIntel AHCIドライバ10.6.0.1002 はファイル名では「iata_enu_10.6.0.1022」となっており、ファイル名かオブジェクト内のバージョンが間違えている模様。
タグ:ssd
posted by frogie at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 録画サーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
   
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。