2012年01月10日

メディアプレイヤーとしてのPS3とXBOX360

先日、RRODから生還したXBOX360をDLNAプレイヤーとして活用しているが、普通の赤外線リモコンが使えるのはやはり便利だ。
うちのAV機器は全て学習リモコン1つでまとめており、XBOX360もこのリモコン1つで電源ON/OFFから全て操作できる。
妻にもリモコンだけで操作できて楽ちん、と好評だ。
最初はPS3をDLNAプレイヤーとして使っていたけど、いちいちコントローラーを引っ張り出すのが面倒だったりする。
その点、XBOX360は普段使いの学習リモコンに学習させることができ、格段に楽ちん。

でもPS3とXBOX360を動画プレイヤーとして比べると、XBOX360は不満点だらけだ。
以下不満点をあげると、
・画質が悪い
 PS3と比べて明らかに汚い。いや、これが普通でPS3が綺麗ということのようだ。
 SD画質のものを表示すると圧倒的にPS3が綺麗なのがわかる。
 これを見てしまうと、XBOX360で見るのは損をしている気がしてならない。

・操作性が悪い
 フォルダの移動等で上位階層に戻るには、戻るボタンで戻る。これが使いにくい。
 リモコンの←キーで戻れたら操作に一貫性があっていいのに。
 あとコンテンツを選択したあとの確認画面がじゃま。再生するにはもう1回決定を押す必要あり。
 また、停止後はこの画面に戻るので、戻るボタンで一覧に戻る必要あり。

・操作画面がしょぼい
 サムネイルがない。
 1画面に表示される行数が少ない。
 タイトルが長いと全部が表示されない。

・連続再生ができない
 連続再生は子供に見せるときに便利なんだけど、これができないのは結構痛い。

・コンテンツの更新ができない?
 DLNAサーバはPMS(PS3 Media Server)を利用している。どちらの問題かわからないが、DLNAフォルダにコンテンツを置いても反映されない。
 反映方法不明。仕方ないのでPMSを再起動している。
 ちなみにPS3は即座に反映される。
 反映されるというより、選択されたフォルダのファイルを一覧表示しているだけと思っていたんだけど、XBOX360は古い一覧のまま。
 XBOX360側を再起動しても変わらず。この差は何?

・OSD(on screen display)がださくて邪魔
 再生中のトリックプレイ(早送りとか一時停止とか再生中の操作)を行うと、画面の上の方に広めの画面幅いっぱいの横帯が出て、「早送り」とか表示。表示なくてもいいけど、トリックプレイ中であればまあこれはぎりぎり許せる。
許せないのは、その後、通常の再生に戻ったときに、「再生する」という画面幅いっぱいの黒帯が5秒間ほど表示される。あと一時停止中も「一時停止」という画面幅いっぱいの黒帯が表示されたままになる。これらは画面の一番上ではなく、上から1/5ぐらいの位置に横幅いっぱいの無駄に広い黒帯として表示される。
この黒帯のうざいことといったら。。。

・対応形式が少ない
 tsやらAVCHDやら、表示できない形式が多い。

・うるさい
 本体のファンがうるさい。

こんな不満だらけなんだけど、やっぱ手元のリモコンだけで操作できるのは楽。
PS3が赤外線リモコンで操作できれば完璧なんだけどなー。
PS3で赤外線とレシーバーセットで、電源ON/OFFから操作できるリモコン出たら間違いなく買うんだが。
タグ:Xbox360 PS3
posted by frogie at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
   
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。