2012年03月17日

Galaxy NEXUS (SC-04D)が即死する死のUSBケーブルw

このPLANEXのBN-XperiaPBというUSBケーブル、SC-04Dでは使えないので要注意。

使えないどころか、致命的な問題を引き起こしてくれます。

普段はこんな感じの3Gアンテナ表示。


そしてこのUSBケーブルをNEXUSに繋ぐと、、、な、なんと!
こんな感じでアンテナ表示がグレーになってしまい、3Gが死んでしまうのだ。


しかもこうなってしまうとなぜかCPU負荷が常に50%ほどになってしまう。
USBケーブルを抜いても3Gは回復せず、CPU負荷もずっと50%のまま。
復帰させるにはSC-04Dを再起動させるしかない。
ひぇー、まさに死のUSBケーブルw
あ、いや、充電はできてるから死にはしないかw

しかし不可解だなー。たかだかUSBケーブルで何がそんなに違うのかね?
XPERIA(SO-01B)では問題なく使えているというのに。

タグ:nexus スマホ
posted by frogie at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | スマホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カスタムROMをがんがん入れた状態で、このケーブルを使っていたら3Gの接続が全く出来なくなったので「?」だったのですが、このページにたどり着いて全てが氷塊しました。
本当にたすかりました。ありがとうございます!
Posted by とおりすがり at 2012年03月31日 14:05
自分もこのケーブルが原因とわかるまでにかなりハマったので記事にしたのですが、お役に立てて良かったです(^^)
Posted by frogie at 2012年04月01日 11:13
   
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。