2012年09月14日

ONDA Vi40 精英版 日本語フォント化とボリュームキー割り当て

Vi40にカスタムROMを導入してみて最初に困るのは、中華フォントでキモいことと、ボリュームボタンが無いこと。

■日本語フォント化
太字フォントも使いたいので以下の2つのフォントファイルを用意。うちの場合はGalaxy NEXUSの/system/fonts/の中からコピー。
・DroidSansJapanse.ttf
・DroidSansJapanse-Bold.ttf
これらファイルを/system/fonts 配下にコピー。

次に/etc/fallback_fonts.xml を編集。
<familyset>内の先頭に以下のエントリを追加。
<family>
<fileset>
<file>DroidSansJapanese.ttf</file>
<file>DroidSansJapanese-Bold.ttf</file>
</fileset>
</family>

あとはAndroidの再起動で完了。
おまけ:
モトヤマルベリとか使いたい人はココから拾ってくる。
https://github.com/android/platform_frameworks_base/tree/master/data/fonts
モトヤマルベリには太字が用意されてないのが残念。

■ボリュームボタンをハードキーに割り当て
以下のファイルを編集。
/system/usr/keylayout/sun4i-keyboard.kl
変更前
key 102 HOME WAKE
key 1 BACK WAKE
key 28 MENU WAKE_DROPPED


変更後
key 102 VOLUME_MUTE WAKE
key 1 VOLUME_DOWN WAKE
key 28 VOLUME_UP WAKE_DROPPED


VOLUME_MUTEは残念ながらミュートにはならなかったが、他のボタンは上記の通り動作する。
タグ:Vi40
posted by frogie at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
   
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。