2012年09月16日

録画サーバ(ASUS P8Z68-M PRO)のさらなる省電力化を目指してIntel DB65ALへ

前回のプラチナ電源化で省電力化に火がついてしまい、どうしてもアイドル時の消費電力10W台を目指したくなった。
そして結構気に入っていたASUS P8Z68-M PROから、ずっと下位の位置付けとなるであろうIntelのDB65ALに入れ替えてみた。

入れ替え後の構成はこんな感じ。
MB        Intel     DB65AL
CPU Intel Core i5 2500K
メモリ ADATA DDR3 1600 4GBx2
SSD Crucial M4 128GB
HDD W.D. 2TB
Hitachi 2TB
SeaGate 1TB
Hitachi 1TB
DVD Pioneer DVD-RW
Tuner earthsoft PT2
クーラー サイズ 峰2
ケースFAN サイズ 12cm 4基
電源 玄人志向 KRPW-PT500W/92+(プラチナ)
OS Microsoft Windows7 Ultimate 64Bit

この構成でアイドル時の消費電力19W。
一応ぎりぎり目標の10W台は達成。
同構成でP8Z68-M PROの場合は25Wだったので6Wの削減。

こんだけ機材積んでるので、もうこれ以上は無理っぽい気がする。
ACアダプタにすると良いかもだが、KRPW-PT500W/92+と大差ないようだし。
しばらくはこれで満足かな。
でもね、削減された電気代で投資額(プラチナ電源+DB65AL分)を回収するには5年かかる計算。
同じ構成で5年以上使うことはないと思うので、正直無駄な投資だったかもしれない。
出費を減らすのが目的だったはずが、今では完全に省電力化が目的になっているw

でもいいんです!
省電力化、それは世の中みんなのためですから!


タグ:録画サーバ
posted by frogie at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 録画サーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
   
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。