2013年09月19日

BeagleBone Black 購入&動作確認

BeagleBone Black(BBB) A5Cが届いた。


裏面(マイクロSD挿してます)


というわけで早速動作確認を。
公式サイトの手順だとPCとUSB接続して、USB仮想ネットワークドライバをインストールするわけだけど、

USBドライバなんてインストールしたくないぞコノヤロゥ!

って向きには以下の確認方法がある。
LANケーブルを繋いで起動(USBかAC給電)すると、DHCPでIPアドレスを取得してくれるので、割り振られたIPアドレスが判るのであれば、そのIPアドレスにsshで接続できる。rootでパスワードなし。

これができるのであれば以下は試さなくてもOK。

以下は公式サイトの手順についてのメモ。
キーボード、モニタがなくとも、PCとUSB接続するだけで、内蔵eMMCの Angstrom linuxを起動し、sshログインまで確認できる。

■用意するもの
・USBケーブル(BBB付属品)

■動作確認方法
PCにUSB接続
BBBとPCをUSBにて直結する。BBBにはこのUSBのみ接続で、他は何も接続していない。
→ USB給電されてBBBが起動する。起動すると、70MBほどのUSBストレージとしてWindowsから参照できる。
  
USB仮想ネットワークドライバのインストール
http://beagleboard.org/Getting%20Started#step2
上記のリンクから環境に合ったドライバをダウンロードしてインストール。
うちはWindows (64-bit)を利用。
完了するとネットワークインタフェースが作成され、IPアドレスは以下となる。
Windows側 192.168.7.1
BBB側 192.168.7.2

http://192.168.7.2 にアクセスするとドキュメントやサンプルスクリプトが確認できる。

ssh接続確認
teraterm等で192.168.7.2にssh接続。
root/パスワードなしで接続できる。(はず)
ここまでできればとりあえずの初期動作確認はOK。

はず、というのは、問題のない製品であれば接続できているはず。

うちに届いたBBBは、最初は以下のエラーでssh接続できなかった。

ssh_exchange_identification: Connection closed by remote host 


これはIPアドレス等のアクセス制限に引っ掛かった場合に出るエラー。
新品で絶対これはあり得ない。
sshアクセスできなければ何もできないではないか!

そもそも届いた時から化粧箱と、静電気防止袋の開封確認シールが切られており、上からセロテープで封をした状態だった。

きっと誰かがいじり倒して返品されたものを、上辺だけの簡単な動作確認で再出荷したのだろう。

非常に腹立たしいので、レビューに書いたら翌日には消されていた。けしからんので店名を晒しておく。
やっぱやめた。

ちなみに公式から内蔵eMMCをダウンロードして初期状態に戻し、同じことを実施したところ、上記問題は発生しなかった。
やはり、前使用者がhosts.denyあたりでIPアドレス制限を掛けていたのは間違いない。

内蔵eMMCの初期化についてはこちらを参照。

とりあえず、これで動作確認はできた。

参考サイト:Getting Started with BeagleBone & BeagleBone Black
http://beagleboard.org/Getting%20Started
posted by frogie at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | BeagleBone Black | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

省電力Linuxボックスの検討

自宅では24時間稼働のホームサーバ(録画サーバ兼ファイルサーバ)を稼働させているんだけども、アイドル時の消費電力18Wとはいえ、24時間稼働させっぱなしなのはもったいない。

ほとんどの時間は何もしておらず、主にタイマー録画の他、番組表、DLNA、sshのリクエスト時に応答させるために24時間つけっぱなしになっている。
もしスリープ運用させた場合、最初に少し待たされるのは仕方ないとして、手順を変えずに運用可能かを検証したみた。
スリープの設定は、ネットワークアクセスがあれば復帰する設定にしている。(WOLではない)
以下その検証結果。

(1).TVrock録画予約 (○:問題なし)
録画開始前に自動で復帰するため問題なし。
録画中や、録画後のエンコード中は無操作となるが、スリープ移行はSleep Toolにて抑制できる。

(2).番組表、ファイル、RDP等 (○:初期レスポンスが遅い以外問題なし)
http, RDP等、何らかのネットワークリクエストを受け取ったら自動で復帰するため問題なし。(UDPでは復帰しない)

例えば、番組表(http)を表示しようとした場合、ホームサーバがスリープ状態だと10秒近く待たされるが、待っていれば表示される。

(3).PS3 Media Server(PMS) (○:運用でカバー)
PMSの場合、スリープ状態だとPS3上にDLNAサーバとしてPMSが表示されない。

上記の通り、httpリクエストで復帰するので、少し工夫をしてみた。
まず、テレビのWebブラウザのデフォルトページをホームサーバの番組表にしておき、テレビリモコンのブラウザボタンで、番組表が表示されるようにしておく。

学習リモコンに、テレビのブラウザボタン、外部入力切り替え、の一連の動作を、外部入力切り替えボタンに登録しておけば、普段通りのリモコン操作で、スリープ復帰を意識することなくPMSを利用可能となる。

PMS配信中は、PMSの設定でスリープを抑制できるため問題なし。

(4).ssh接続 (×:問題あり)

上記の通り、ネットワークアクセスで自動で復帰し、接続することはできる。
しばらくするとホームサーバがスリープに入ってしまい、sshのコネクションが切断されてしまう、という問題がある。

Sleep Toolではプロセス指定でスリープ抑制可能であるが、sshdは常に動作しているため、Sleep Toolにsshdを登録すると、スリープに移行できなくなってしまう。
ちなみにsshは、外部からのアクセス用にsshトンネルを作成するために利用している。

上記検証結果から、sshdを使わなければスリープ運用できるのだが、sshdは止められないという事情がある。
でも考えてみれば、sshdだけなら超省電力のLinuxボックスが代替品として利用できそうだ。
というわけでLinuxボックスを探してみると、超激安の以下の2つが見つかった。

Raspberry Pi
http://www.raspberrypi.org/faqs
4500円程

BeagleBone Black
http://beagleboard.org/Products/BeagleBone%20Black
5000円程

BeagleBone Black のほうがスペックはいい。
Raspberry Piのほうが圧倒的に情報量が多いんだけど、ハードのカスタマイズはしないし、Linuxさえ動けばBBBでもなんとかなるだろう、と思ってBBBを購入することにした。
消費電力はわずか2W。
これなら心おきなく24時間稼働していただける。

posted by frogie at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | BeagleBone Black | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

録画サーバ構成変更 Asrock H87M-ITX + PT3へ

DB65AL環境は安定してて良かったんだけど、i7環境にしたくて、一気に最新のHaswellへ移行することにした。
省電力は捨てられないので、MBは省電力と評判のAsrock H87M-ITXを選択。
ただこのMBはPCIスロットがなく、PT2が使えない、という致命的な欠点があったが、今後、PCIスロット必須だと選択肢が狭まるので、PT2を捨て、PCIeのPT3を併せて購入した。

ちなみに今回の組み立て途中の様子。

主役はCPUクーラー、MBはその付属品感がいっそう高まりましたw

今回の構成は以下の通り。
MB        Asrock    H87M-ITX
CPU Intel Core i7 4770
メモリ SP DDR3 1600 8GBx2 SP016GBLTU160N22
SSD Crucial M4 128GB
HDD W.D. 3TB
W.D. 2TB
SeaGate 1TB
Hitachi 1TB
光学DRV なし
Tuner earthsoft PT3
クーラー サイズ 峰2
ケースFAN サイズ 12cm 4基
電源 玄人志向 KRPW-PT500W/92+(プラチナ)
OS Microsoft Windows7 Ultimate 64Bit

メモリは8G→16GBへアップ。
シリコンパワーのやつで、エルピーダチップらしい。
光学ドライブはほぼ使わないのでこの際捨てた。(本当はSATAポートが足りなかったんだけども)

EFI上の変更点は主に以下の2つ。
・メモリ1.500V → 1.35V
・C7ステート有効

この構成でアイドル時の消費電力 18W。

省電力性能としてはDB65ALと大差ないし、性能も体感的には何もかわらん。
でもね、CPUは2500Kから4770にしたことで、エンコード速度は1.5倍くらい向上している。
まあこれだけでも満足かな。
posted by frogie at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 録画サーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

海の公園で潮干狩り、のはずが・・・

本日は横浜市の海の公園まで潮干狩りに行くのであります。

現地までは車で30〜40分ほど。
本日の干潮は12:30なので、朝はのんびりできるなぁ、なんてバカことは思いません!
なんてったって今はゴールデンウィーク。早く行って現地で多少待つぐらいの気合いは必要ですわ。
というわけで9時着を目指して家を出発したのが8時前。

もう道路はガラガラで30分もかからずに到着しそうな勢い。
潮が引くまで何して時間つぶそうかな−、もう少し遅く出発しても良かったかなー?なんて考えていたら、現地の3キロほど手前から突然の渋滞。

なんだよ、こんなところで渋滞しやがって。事故か?
ナビ上の渋滞表示はどこまでかなー、地図をスクロール、スクロール・・・・
「なにーーーー! 3キロも手前のここから駐車場入り口まで渋滞してるやん!」
あれ?もしかしてまだ駐車場開いてない?

とりあえず情報収集、情報収集・・・「な、なにーーーー!」
午前7時前に海の公園駐車場満車、ってtweetあるやん!
「くそーー! みんなそんなに気合い入れやがってーー!! ヴァカかー!!
と心の中で叫びつつ、そのtweetを表示したスマホを妻に渡し、反応を覗う。
「え゛〜〜〜〜〜〜〜〜〜! Orz」

予想通りの反応に満足したところで、こんなところで並んでても入れるわけがないので早々に退散を決意。
もうちょっと判断が遅れていたら、脇道もなくUターンもできず、がっつりとハマるところだった。

急遽、予定変更、さぁどこ行こう??
予備の予定なんて考えてるわけもなく、途方にくれる。
潮干狩り仕様の、半袖、半パン、サンダルという、季節外れのこんな格好で
さぁどこへ行く??

帰るか?いやいや、それはあまりに切ない。まだ朝9時前だしw
潮干狩りできなくても、この格好じゃあ、海しか行くところないんだよな。
というわけで、横須賀方面へGo。
ところがなんとこれが大正解だったんですね!
ちょっとした磯遊びができて、海はきれいで、人も少なくて。
こんな感じ。





画角によってはプライベートビーチみたい。

潮干狩りはできなかったけど、砂浜にテント張ってお弁当食べてのんびりできて、大満足でした。

いやー、しかし今日の海の公園は見通しが甘かったね。もう甘過ぎ、甘甘ちゃんもいいところ。
今日は潮干狩りする人にとって好条件が重なりすぎた。

・GWの前半、しかも翌日はまだ祝日
・土日祝日の昼間が大潮の日は年に2回ぐらいしかなく、今日はまさにその日
・海の公園の潮干狩りは無料
・超快晴
・程よい気温
・風も穏やか
・でかい駐車場

これだけ好条件が重なっているのに人が集まらないわけがない。
今日駐車場入りするためには、朝5時前には家を出ないとだめだったのかもしれない。
その時間から来ていた人からすると、のんきに9時着を目指していた自分は、
まさに「おまえはヴァカかーーー!」状態だったんだろうな。

ちなみにこの日の海の公園の状況。(神奈川新聞の動画)

行けなくてよかったw

今日は大きな収穫としてわかったことが2つ。
・連休中の海の公園の潮干狩りは、朝7時前に満車になる
 上の動画を見る限り、行かなくていい、ということもわかったw

・GW中にも関わらず、横須賀の海は空いている
 GWでこれだから、普通の土日に来てのんびりするにはいいかもしれない。

横須賀方面にはピクニックも兼ねてまた来てみようと思う。



posted by frogie at 23:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

NINJAGAIDEN3 RE 懲りずにまた発売日買いしますた

前回の無印3で懲りたはずなんだけど、今回の「NINJA GAIDEN 3 Razor's Edge」、懲りずにまた発売日買いしてしまいますたw

だってさ、Black、Σ、無印2、Σ2と全て超忍までやって、Σ2に至ってはTM極みを3桁クリアするほどやり込んできた自分が買わないという解は無いのですよ。
結局大好きなんですね、NINJAGAIDEN シリーズが。(無印3を除く)

でもね、焼き直しでしかもあの3を同じプラットフォームでまた売るのか、と、正直怒りを覚えずにはいられんかった。
3なんてきっぱりと闇に葬って、4で挽回するところだろ、と。

でも結局、3の焼き直しなのに買ったという、しかも発売日。
さて吉と出るか凶と出るか凶と出るか凶と出るかw
前回の期待しすぎでのショックは計り知れなかったので、今回は最初からあまり期待しないようにしてる。
3の道中を思い出すと、空飛ぶボスとの戦闘をまたやるのか、と思うと結構かったるいが、このあたりも何か面白いように改善されていることを期待してと。

というわけで早速開始してみました。
無印3は超忍クリアしてるので、今回は難易度Hardから開始。

開始早々、うぉー、技が出ない! なにこれ?
さっそく悲鳴を上げる自分。

そう、今作はエッセンスためて基本動作の習得と武器レベルアップをしていくんですね。。。
なんと最初はイズナも出ないレベル1の刀が振れるだけ。
基本動作は裏風とジャンプだけ、という。。。
風路をはじめ、飛燕、首切り投げ、捌き、等の基本動作は全てエッセンスと交換。しかも高すぎね?
武器レベル低いから最初からいきなり戦闘がつまらんし。。Orz

でもね、途中から断骨が狙って出せることがわかってきてちょっと面白い気がしてきた。
でも微妙なんだよなぁ。。。
断骨狙いだと戦闘スタイルがもう俺の愛していたNINJAGAIDENではないんだよね。。。
ひたすら逃げ回って、赤く光る投げが来たら喜々として狩りに行くという。。
まあ武器のレベルが低い間の割り切りと思っていればいいか。

まだDay1をクリアしただけだけど、ここまでの印象はまだ微妙。
武器レベルを上げてないので、武器レベルMAXになるまで評価は預けておこう。

3で追加されたくだらない操作系は改善されてるみたいだし、いろいろ旧作の2に近付いて良くなってるのは確かだね。
この「旧作に近付いて良くなった」ってのはどうなの、って突っ込みは多分にあるけどね。
タグ:ninjagaiden
posted by frogie at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | PS3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

MediaCoderの音ズレ、ついに解決&全自動化

これでついに「録画サーバ完成」と言えるかもしれない。
長いこと懸案だったtsの先頭GOP削除が自動で行えるようになったことで、音ズレの解消と、録画からエンコードまでの全ての処理を、完全自動で行えるようになった。

それにしてもここまでたどり着くのは長かった。。。。
これまでどれだけ無駄な時間を費やしてきたことか。。。。

録画サーバを構築した当初、PT2で予約録画したデータを全自動でエンコードまで行なっていたのだが、どうにもこうにも失敗が多くて困っていた。

うちでは以下の順番に自動で動作させるバッチを用意し、TvRockの録画終了後のプロセスとして実行させていた。

PT2 → TSsplitter → MediaCoder でmp4化

一応エンコードまで完了するんだけど、音ずれ、音なし、再生不可、といった失敗作が高頻度でできあがってしてしまう。

いろいろ調べてみたところ、TSファイルの先頭GOPが中途半端な形で残っていることが原因とわかる。しかもこの先頭GOPが完全である確率は1/15でしかない。
きっとこの成功1以外の14通りの壊れっぷりによってエンコードの出来具合が変わるのだろう。

実際、先頭GOPだけを削除してエンコードを行うと、音ずれすることなく確実にエンコードが成功する。

でもね、この先頭GOPだけを削除する方法ってのがGUIベースのツールしかなくって、バッチでの自動化ができず、大変に困っていた。

仕方ないので時間があるときにまとめて手動で処理してたんだけども、正直いつまでもこんなことやってられない。
そんな時、見つけたのですよ、先頭のGOPをバッチで削除する手段を!

ずばり、cciconvというコマンドラインツール を使う。
このツールには次のような機能があるんですね。

「ファイルの先頭から、指定した整数個分の映像GOPを削除します。」

これこれ、これだよ、ずっと探し求めていた機能は!!
コマンドラインツールなので、バッチ処理にて先頭GOPの削除を自動化できる!

先頭GOP削除は本来のこのツールのメインの使い道ではないのかもしれないけど、使える機能は使わせていただきましょう、ということで。作者様に感謝!
cciconvは以下からダウンロードできる。
cciconv
http://ysk.orz.hm/BD/cciconv/

これの中の最新版をダウンロードし、その中のcciconv188.exe を使う。
ちなみに188はts用、192はm2ts用。
これを使って先頭GOPを削除させるようにした結果、エンコードが極めて安定して成功するようになった。

以下、備忘録を兼ねてバッチ処理のメモを。
それぞれのコマンドをまとめて1つのバッチとして運用中。

TSsplitter (Ver. 1.26)
冒頭のCM削除、1セグ削除
TsSplitter.exe -ECM -1SEG -SD -SEP  TSファイル名


cciconv (Ver. 2.4)
TSsplitter処理後のTSから先頭GOPを削除
cciconv188.exe -er -c 0 TSファイル名  出力ファイル名
引数の-c 0 の0ってのは先頭GOP削除の意味


MediaCoder (Ver. 0.8.17 Build 5302)
cciconv処理後のTSをエンコード
mediacoder.exe -start -exit -preset プリセットファイル名 tsファイル名


以上。
ちなみに以前記事に書いたMediaConverterはもう使ってまへん。
MediaConverterだとインターレース保持エンコードができないので。
今使ってるMediaCoderはインターレース保持エンコードができるのでお気に入り。(名前似ててまぎらわしい)
インターレース保持の60iは疑似60フレームとはいえ、インターレースを解除して30pになってしまったガチ30フレームよりも圧倒的に映像がスムーズなので、個人的にはインターレース保持は必須だったりしまする。
30pのテロップがカクカクとスクロールするのを見ると幻滅してしまう。

タグ:録画サーバ
posted by frogie at 16:30 | Comment(7) | TrackBack(0) | 録画サーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

android版YouTubeのアップデートができない!....解決!

うちのAndroidタブレットのONDA Vi40くん、なんとPlayストア経由でのYouTubeのアップデートが出来まへん。。。Orz
Playストア経由でアップデートしようとすると、タイプが違うとかなんとか言われて更新できないのだ。なんてこったい!
PS3とマルチスクリーン連携させてやろうと思ったのに。。。

Vi40にはカスタムROMを導入していて、YouTubeはプリインストールアプリとして入っていたわけだけど、このプリインストールってのがくせ者で、アンインストールもできないし、アップデートもできないときた。
しかも最新のapkファイルをコピーしてきて、野良アプリとしてインストールしようとしても、今度は署名が違うとかなんとかでインストールできない。

ちなみにこの時のプリインのYouTubeは黒背景で、初期画面がハーフパイプ面をなぞるような3D効果を持たせたアレ。
でもこれだとPS3とのペアリングできないのよね。

そんなわけで無理矢理アップデートさせたのでその手順をメモ。
手順は大まかに以下の流れ。

1. 最新のYouTube.apkの入手
2. プリインストールのYouTubeを削除(要root 自己責任で)
3. 1で入手したYouTubeのインストール(要root 自己責任で)

以上。

以下その詳細。

1. 最新のYouTube.apkの入手
そのままだとVi40上でダウンロードできないので、他のAndroid端末から最新版にアップデートしたYouTube.apkを持ってくる(Titanium Backup等でバックアップされたapkを用意)。
他のAndroid端末が無い場合、以下のようなサイトを参考に目当てのapkをPC経由でダウンロードしておく。
http://wingedlove.com/post/1745

2. プリインストールのYouTubeを削除(要root 自己責任で)
削除してしまうのは恐いので、元のyoutubeをリネームしておく。
/system/app/youtube.apk → youtube.apkORG 等に

これでドロワーから消える。結構あっけないのね。

3. 1で入手したYouTubeの導入(コピーのみ)(要root 自己責任で)
1で入手した最新のダウンロードしたyoutube のファイル名を、youtube.apk にして、
/system/app/ にコピー
※インストール操作は不要

これだけでOK!
再起動しなくてもよいと思うが、ドロワーにyoutubeが出来ているはず。
出来てなかったら再起動。

以上で完了。

これで最新のYouTubeになっているはずだ。



タグ:PS3 スマホ Vi40
posted by frogie at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

感動! PS3のYouTubeを手元のスマホで連携させて遠隔操作

いわゆるマルチスクリーン連携ってやつです。
スマホ上でYouTube動画を検索し、再生ボタンを押すとPS3上のYouTubeで再生される。
これが実によくできていて、ようやくマルチスクリーン連携を実用的に使えるものが身近に出てきた、という感じ。その快適さがあまりに感動ものだったのでその内容について書いてみた。

以前からYouTubeの動画をリビングのテレビの全画面表示で気軽に見れる方法はないものか、と考えていたが、ようやく最適解の登場。
この「気軽に」、というところが大変重要なポイント。
操作が複雑だったりややこしかったらまったく意味がない。

これまではテレビでYouTubeを表示するにはPS3上で見るのが1つの解として浮かぶが、PS3のコントローラーでYouTubeを利用するにはあまりに使い勝手が悪い。
基本操作となる検索キーワードの入力が行いにくいため、使う気すら起きなかったわけだが、その検索を使い慣れたスマホで行えるとなると話は別。

一方スマホに目を向けると、検索や目的の動画にたどり着くまでの操作は行いやすいが、動画を鑑賞するには画面が小さすぎ。

そんなそれぞれの欠点を補い、いいとこ取りした仕組みが今回のマルチスクリーン連携というわけ。
スマホとPS3を組み合わせることで、
スマホの「使いやすい検索インタフェース」+リビングの「見やすい大画面」、
しかも「手元の操作デバイスを限定しない」、
なんてすばらしいんだろう!

実際、利用してみるとよくわかるが、その操作性の良さと、大画面表示の見やすさと、まさにいいとこ取り。
さらにPS3上で表示させてみると、YouTubeの画質が予想外に綺麗であることにも驚いた。
これなら普通に大画面での鑑賞に十分に耐える画質。
YouTubeっていつのまにこんな高画質になったんだろう。

設定方法もいたって簡単だが、そのメモを。
いかにお手軽かがよくわかる。

1.PS3にYouTubeをインストール
 PS3のストア上で「YouTube」で検索すると見つかるのでインストール。
 インストールすると、テレビ/ビデオサービスの列にYouTubeが
 選択できるようになる。

2.ペア設定準備
 PS3上のYouTubeを起動し、以下の設定画面を表示。
 ログインと設定メニュー → 端末のペア設定
 ここで9桁の数字が表示される。
 とりあえずこのまま表示したまま。

3.スマホまたはタブレットでYouTubeのペア設定
 スマホ側でYouTubeアプリを起動。
 YouTubeのメニューを表示し、
 設定 → TVに送信 → TVとペア設定
 ここで、PS3上で表示されている9桁の数字を入力。

 以上で準備完了。たったこれだけ。

 ※YouTubeが古いバージョンだとペアリングのメニューがないので、
 最新のものにアップデートしておくこと。

ペアリングが完了すると、画面右上の虫メガネアイコンの左側に以下のような白い四角いアイコンが表示される。

この白い四角いアイコンをタップすると、PS3と接続された目印として以下のような青い色に変わる。

この状態でスマホ上で動画の再生操作をすると、PS3上で再生が行われる。

画面上部の四角いアイコンをタップして白にするとスマホ上で再生、青だとPS3上で再生。
シンプルでとってもわかりやすい。
うちの子供たち(小学生の低学年と幼稚園年少)でも問題なく使えている。

なお一度ペアリングしてしまえば、電源を切っても次回起動時には自動でペアリングされるので再度ペアリング操作は必要なし。すばらしい。
ペアリングの削除を行いたい場合はPS3上で行える。

以前にマイクロソフトのSmartGlassのマルチスクリーン連携のことを書いたけど、このYouTubeもコンセプトは同じ。
ただSmartGlassのandroid版はほとんど使う意味がなくて、コンセプトだけ、って感じだったけど、このYouTubeは大変実用的な利用方法を提供している。

このようなマルチスクリーン連携が身近に便利に利用できるようになったのは大変喜ばしい限り。
今後のマルチスクリーン連携の発展に大いに期待したい。


タグ:スマホ PS3
posted by frogie at 20:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | PS3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

ASUS Taichi21 慣性スクロール問題(タッチパネル感度)解決!

昨日届いたTaichi21の慣性スクロール問題。
こちら解決しますた!
概ね求めていた理想的な動作になったかな。
指先だけで軽くスワイプするだけで慣性をつけてスムーズにスクロールが継続してくれる。
フレームレートも高い印象。
iPad並かそれ以上の操作感。
とりあえず売らずに済みそうだ。

以下解決メモ。

■問題の概要
Taichi21のタッチパネルの慣性スクロールが重い。
スワイプしても少ししかスクロールしてくれず、慣性もほとんど発生しないため、大きく移動したい場合は何度も何度もスワイプ操作が必要。
ちなみに、速度をつけてパネルの端から端までスワイプすると慣性スクロールするが、いちいちそんな大振りしてられん。

■解決方法
ASUS Smart Gestureのドライバを、最新版のVer.1.0.36へ更新する。

わかる人はこれだけでわかると思うので以下読まなくてもいいです。
以下手順について掲載。


(1)ASUSのサイトよりドライバダウンロード
http://support.asus.com.tw/download/download.aspx

上記サイトから以下をダウンロード。
ASUS Smart Gesture (Touchpad Driver) バージョン V1.0.36
ファイル名:SmartGesture_ASUS_Win7_8_VER1036.zip

※このドライバをそのままインストールしようとすると、以下のようなダイアログが出てインストールできないので、
旧ドライバをアンインストールすること。


(2)旧ドライバ(V1.0.35)をアンインストール
インストールされているプログラム一覧を開く。
コントロールパネル → プログラムのアンインストール
  または
コントロールパネル → プログラムと機能
  または
ファイル名を指定して実行 appwiz.cpl


ASUS Smart Gesture を右クリックし、出てきたメニューからアンインストールを選択。

アンインストール後、指示通りに再起動。

(3)ASUS Smart Gesture V1.0.36 のインストール
SmartGesture_ASUS_Win7_8_VER1036.zip をダブルクリックするとファイルの内容が見れるので、setupをダブルクリック。

インストール後、指示通りに再起動。

以上で完了。


最後に。
多分、VAIO DUO11でも同様に慣性スクロールの問題は解決できるんじゃないかな。
SONYが新しいドライバ出してるといいけどね。




タグ:taichi
posted by frogie at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC、周辺機器等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

ASUS Taichi21 を購入

数年ぶりにノートPCを購入した。
今まで使ってきたcore2duo以来、6,7年ぶりの買い換え。
ノートPCは「使えさえすればいい」、という感覚なので、今のcore2duoのノートはXGAという狭い解像度以外は性能的に特に不満はなかった。

ただスマホやAndroidタブレットとかを使い始めて、タッチ操作の手軽さの魅力も理解しており、Windows8も少しだけ気になってはいた。

とはいえ、Windows8のダサすぎ画面を考えるとなかなか食指が動くことはなかったが、たまたま店頭で触ったWindows8(東芝ノート)のタッチ操作の操作感の良さには感動してしまった。iPad以上な感じ。
このあたりさすがはマイクロソフトといったところだろうか。

この日以来、Windows8が気になり始めたが、ノートPCスタイルのままでのタッチ操作の必要性がわからなかったので、タブレットとしても使える機種の発売を心待ちにしていたのだった。

そして候補に上がったのが、VAIO DUO11、DELL XPS12、ASUS Taichiの3機種だった。
解像度は絶対にフルHD以上、と決めていたので、選択肢は現状、上記3機種のみ。
この中で店頭で触れたのはVAIO DUO11だけ。

VAIO DUO11は、触った瞬間、求めていたものとはかけ離れていることがわかった。
VAIO DUO11の場合、タッチ操作の操作感があの時の東芝ノートの足下にも及ばないほど劣悪だった。

軽くスワイプしてみるとちょっとしか画面が動かない。慣性スクロールがほとんど働いていない感じ。
なので何度もスワイプしなければならず、ストレス溜まりまくり。
こいつは操作性が悪すぎる。

気になったので側にあった他のWindows8機(メーカーは忘れた)を触ってみると、こちらは快適。
どうやらVAIO DUO11固有の問題らしい。

というわけでVAIO DUO11は候補から外れた。

XPS12は重さとデザインが気になるが他は文句なし。
Taichiは、、、うーん、キワモノ感満載w なのと高いのと、メモリが4GBまで、というのが気になるところ。とくにメモリの少なさは最高に気になる。。。

というわけであまり冒険をせずにXPS12を買う気でいたが、どうやら品薄で納期は2ヶ月以上待ちなんだと。
で、Taichiも同様に納期未定。

ここは無理に今買わずに来期の新型まで待つか、と考え始めた矢先、
ASUSショップに「在庫あり」の表示が!!

........................................................................

ポチっ!!

うわ、買っちゃった!!wwww

定価販売なのにw

品物は翌日到着。早いねー。

そんで届いたのがこちら。



















ガラス天板(というかモニタ)、底面アルミ、パームレストのヘアライン仕上げ、金属っぽい色合いで、思ってた以上に質感が高い。
全体的なデザインもVAIO DUO11より断然こっちのほうがいいじゃない!

液晶は両面とも視野角広くて予想外に非常に美しい。これはいいね。
ノートPCにありがちな、しょぼい液晶で白けた感じのコントラストの低いやつだとどうしよう、と実はすごく心配だったが、いい意味で裏切られた。

この写真だと液晶画面暗いけど、輝度最低で昼間撮影なのでこんな感じだが、実際は写真よりもっと明るく、しごく綺麗。

次にタッチパネルだが、、、

こいつは超いただけない!!
なんだこれ、VAIO DUO11と操作感同じじゃないか!!


もうショックすぎるんですけど。。。。

iPadなんて遠く及ばず、いつの時代のAndroidやねん、って感じ。
画面の端から端までなぞらないと慣性スクロールが発動しない。。。。
指先だけで軽くチョイチョイってやるだけで慣性でスクロールが継続してほしいのに、何度もスワイプしまくるか、腕を大振りしなきゃならないなんて。。。

後でわかったが、VAIO DUO11同じN-trig入ってるんだと。インチ数も同じだし、多分液晶とタッチパネルは同じ物なんじゃないかな。

はぁー、それにしてもショック。。。。Orz

設定でなんとかならないかいろいろ探したけど、どうやら慣性スクロールの設定は無いようだ。
同じようにVAIO DUO 11で悩んでる人もいた。こちらも未解決っぽい。

http://hotstreet.vaio.sony.co.jp/article/article.php?id=97049&referrer=rss
続きを読む
タグ:taichi
posted by frogie at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC、周辺機器等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。